仕事を辞めたいなら辞めるべき本当の理由

会社は簡単に変わらない会社の居心地が悪くでも我慢して働いていればそのうち環境が変わるだろう。そんな考えで辛い職場で働く人は少なくありません。しかし、そのような考えは甘いと言わざるを得ません。なぜならば会社というものはそう簡単に変わるものではないからです。現在の職場環境に不満がある場合、改善する方法は会社が変わるか自分自身が変わるかの二択です。現実的なことを考えれば会社がそう簡単にかわることはありません。巨大組織である会社がたった一人の社員のために変わることはまず考えられませんし、改善のために動きが見られるとしても成果が出るまでにはある程度の時間がかかってしまうのは明らかです。変わる保証もなく変わるとしてもいつ結果が出るかもわからない状況で働き続けるのは苦痛でしかありません。会社が変わるのに比べ自分自身が変わるのはとても簡単です。辞めたいなら辞めてしまえば信頼できない会社都の関わりを断ち切れますし、貴重な時間を無駄に過ごすことも無くなります。不満を抱えたまま働き続けたところで未来が切り開ける保障などどこにもありません。会社の変化を期待するくらいならさっさとやめてしまいましょう。転職は思っているほど難しくない職を失う恐怖から会社をやめられない人は多く見られます。確かに仕事をやめてしまえば収入源がたたれてしまうのですから生活への不安から退職をちゅうちょしてしまうのは当然です。特に家族をお持ちの方は一家を支える責任感からなかなか退職に踏み切れず辞めたい気持ちを抱えたまま我慢しながら働き続けているケースが目立ちます。それでも会社を辞めたいならやめるべきなのは、転職は思っているほど難しくないからです。転職のハードルが高かったのは過去の話です。人材の流動化が進む今では転職は珍しいものではなくなっています。今の会社でしっかり仕事ができているのであれば転職先は見つかるはずで、思いきって仕事をやめても路頭に迷うリスクは限りなく低いといえるでしょう。もちろん転職が成功するという保証はありません。収入が下がるかもしれませんし思うような待遇が得られない可能せも考えられます。それでもストレスを抱えたまま今の会社で働き続けるのに比べればずっとマシならばやめない理由はありません。人生は有限である人生は有限です。やりたくもない仕事や馴染めない職場のために時間を費やすのは貴重な人生のムダ使いにほかなりません。会社に対する多少の不満くらい皆持っている、などとしたり顔で説教してくる上司もいますが人と比べたところで全く意味はありません。新卒から定年まで働くと考えると元気に働ける時間は約40年しかありません。自らを成長させるにせよ高収入をめざすにせよ40年という限られた時間は決して長いとはいえません。辞めたいと思ったらさっさと見切りをつけて限りある時間の中でもっと自分らしく働ける会社を探したほうが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です