会社員がフリーターになる際に知っておきたい3つのこと

会社に何かしらの不満を持って会社を辞めてしまいたいと思った経験は誰にでもあると思います。しかし、転職先を探すのが大変だと思ったり、今自分が抜けて仕事に穴をあけてしまうのが申し訳ないと思ったり、引継ぎをするのが大変だと思ったりして、実際の行動に踏み切ることができないことがあるはずです。ただ、状況が改善する見込みがないと判断すれば、会社を辞めるべきです。その理由について3つあげたいと思います。①精神的に耐えられなくなったらやめるべき 人間関係が悪化したり、上司からのパワハラやいじめがあったりして、朝起きようとしても起きられなかったり、自宅を出る時に吐き気が止まらなくなったり、腹痛が起きたりして会社に行くことがしんどい状況がしばらく続いているのであれば、最悪うつ病になってしまいます。人間関係が原因で転職するのはうまくいかないとよく言いますが、自分を壊してしまっては意味がありません。また、残業時間が過労死をしてしまうぐらいの時間が毎月続いているのであれば、放っておくと不眠症や食事面での障害がでてきます。自分自身を守るためにも会社を辞めましょう。②転職がしにくくなるからやめるべき 不満があっても我慢をして何年も働き続けていると、いざ転職しようとしたときに年齢が原因で転職ができないという場合があります。仮に未経験の分野にチャレンジしたいと思った場合に、会社はできるだけ若い人材を求めます。若ければ、教えようによってはいくらでも伸びる可能性があると会社は判断するからです。転職をするリスクはもちろんありますが、それと同じくらい転職をしないリスクというものも存在します。やりたいことがはっきりしていて、早いうちにやってみたいと思うのであれば、会社を辞めましょう。③ハッピーになれないからやめるべき 生きていくうえで仕事をするということは人生の一部ではありますが、できることであればやりがいを持って楽しく仕事をしたいものです。しかし、辞めたいとずっと心に思いを抱えて仕事を続けたとしても、仕事は楽しくありませんし、パフォーマンスが低下してしまいます。低下すると会社にも貢献することができませんし、自分のキャリアアップにもつながりません。結果、負のスパイラルに陥ってしまいます。将来自分がどうしたいのかしっかり考えて、思い通りのハッピーな生活をすることができないと考えたのであれば、会社を辞めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です