会社員をやめようと思った27歳の時の話

私が思う会社を辞めたいならやめるべき理由を記載させて頂きます。現在、私は30歳ですが27歳の時に会社を辞めて転職していますので体験談も元に記載します。・無理に会社にしがみついていると身体を壊すから私が以前にいた会社は定時の概念も崩壊していて毎日のように16時間、深夜の11時まで働くのが当たり前になっていました。この状況で先輩達は日々文句をいいながらも黙々と終わらない仕事をしていたのです。ただ若いときは無理が効くかもしれませんが40歳を過ぎた方達は目に見えて老化の進行も早まっていましたし、精神的な病を発病している人もいました。仕事は生きるために行うものという前提が崩れており、仕事をするために生きるという状況になっていました。そんな状況であれば会社を辞めた方がよいと考えます。・退職者が出ないと会社は気づかない先ほどあげたように無理な労働を黙々とこなしていると、経営者はこんな勘違いをします「今の労働環境でも皆頑張ってるから大丈夫」と。退職者がでない限りは会社の居心地が良い社員は思っていると勘違いし、人員を増やして仕事を分散することもなければ、給与を増やして仕事量に見合った収入を与えることもありません。これが退職者が相次ぐと「今の社員数、給与は仕事量とバランスが取れていないのかな?」と気づくきっかけとなるのです。・ルール違反をしている会社は潰れるべき世の中には労働基準法という会社が守らなければならないルールがあります。実情、全ての会社でどの程度まで守られているか定かではありませんが…仮にですが会社が社員に対して残業代も払わずに長時間労働を強いいるとします、そうするとその会社が作っているモノ、サービスの人件費が下がり、商品単価がさがることになります。消費者には嬉しいですがその会社には同業他社があり同じものを売っている会社があるはずです。同業他社は安売りをする会社に対抗するために商品の値段を下げるという手段をとることが多いです。そうなると商品の粗利が下がるために人件費を圧縮せざるを得ません。同業他社も同じようにサービス残業や給与ダウンという状況になります。会社というのは企業間の競争ではありますが、労働基準法を守らないというのはスポーツで例えるならばドーピング違反をしているのと同じだと考えています。ルール違反をしている会社の社員は辞めるべきであり、人が減っていくことで会社が維持できなくなって当然と考えています。以上になります。

フリーターになろう!会社員からなるべきわけ

一昔前は、「頑張らねければ幸せになれない」「辛くても乗り越えろ!」「弱音を吐くな」といった言葉が飛び交い、私達もそれが当然のように社会生活を送ってきました。ですので、「会社を辞める」となったら、それ相応の理由がなければなりません。辞めることに勇気が要ります。そして、自分に厳しい人ほど頑張ってしまい、自分というものを失ってまで社会貢献しようとしてしまうこともあります。
自分が勤めている会社が「ブラック企業」と気づかずに働いていた場合、冷静になって考える、ということができないところまで精神状態が追い込まれてしまうこともあります。
何のために働くのか、一度立ち止まって考えればいくらでも生きる術はあるのに、とにかく今の自分にしがみついてしまう、ということも多いように思います。「いじめ」の世界と同じです。他に選択肢はあるのに、今居る社会によって、ある一本の道しか見えなくさせられてしまうことがあります。
勿論、いい会社に入るために頑張って勉強もして、資格もとって、沢山の面接を受けて・・等々、そこに至った経緯が長かったほど、「辞める」ということに抵抗を感じる場合もあると思います。もう少し頑張ろうという理由ならまだしも、本当は頑張れるはずなのに、自分が甘いのかもしれない、などという理由をつけることもあります。
多くの人が、この葛藤をして一時期を過ごすことがあると思います。勿論、入社して早々、
「こんな仕事かよ。」と努力することもなく、仕事を見くびって即効辞職とか、
「俺はこんな場所で終わらねえ!」と夢ばかり見ている幼い考え方で辞めるのは論外です。まぁ、それでもこれを繰り返しているうちには悟ることもできるのであれば、あながち無駄ともいえません。
私達がどこかしらの企業に入社するのは、今後の自分の人生を「幸せ」へと向かわしめるための一つの手段に過ぎません。そして、どの人の人生も「今」この瞬間の延長線上に将来があります。それをわかって辞めるのであれば、「変わろう」としている、または方向転換している、或いは一つの道を卒業した段階ではないでしょうか。人の人生というのは、変化変化の連続です。人それぞれに理由は違うかもしれませんが、嫌だったことを含め、所属した場所で学んだ何かは、きっと次に活かされます。例え人生20回転職をしたとしても、あなたの人生が幸せに向かっているのなら、それが正しいことだったと言えるはずです。

人生で一番大事なのは健康であること

会社員が仕事を辞めたい、会社を辞めたい、と思うことはしばしばあることです。 辞めたい、と思ったときに、それを相談すると、ほぼ間違いなく、辞めることを留まるように説得をされることでしょう。 たしかに、それは一理あります。瞬間湯沸かし器のように、辞めてやる!と思うことは、普通に仕事をしているとよくあることであり、そこで、一度は冷静に考えてみることは必要でしょう。 ですが、それでも辞めたいと思うのならば、辞めてもよいのではないでしょうか。 なぜなら、人間は健康できることが一番大切であると考えるからです。もちろん、人間の生きている目的は、健康を手にすることではありません。ですが、健康というのは、その人が生きていく上で、その基盤となるものであることは間違いないからです。健康があってこそ、○○をしよう、とか、○○がしたい、とか、といったことを考えることができます。ベッドの上にいて、とか、その気力すらもない状態になってから、とかでは、それはできないことですから。 いやいやながら会社を辞めないでいると、どのようなことが起こるか、心身が壊れてしまいます。 だんだんと、ストレスを感じ、やがては会社に行こうと思っただけで、息が苦しくなる、胸がどきどきする、お腹が痛くなる、そういった身体症状が出てきます。夜は眠れなくなり、ごはんも食べれなくなる、そうなってくると、確実に心の病気になっています。心の病気は、身体の病気とは異なり、このようにすると確実に良くなる、というものはなかなかありません。盲腸ならば切ってしまえば治るわけですが、心の病気というのは、そのような簡単なものではありません。しかも、一般的には長期に渡り、その病気を抱えることになり、一度その病気を抱えてしまうと、また同じことを繰り返す、ということだって、珍しいことではありません。 さらに、心の不調は本当に身体にも影響をきたすようになります。その典型的な例はストレス性の潰瘍です。ストレス性の潰瘍以外にも、喘息やアレルギー疾患など、多くのストレスを起因とする身体的疾患もあります。 そこまでなってから、会社を辞めることを考えるというのは、どうでしょうか。また、そこまでなってくると、会社を辞めて新しい一歩を踏み出す、という決断も勇気もわいてくることはまずありません。 ですから、そのような心が折れてしまってどうにもならない状態になる前に、会社を辞めて新しい一歩を踏み出す元気が残っているうちに、そんな会社はさっさと辞めてしまう、それが一番です。

会社員がフリーターになる際に知っておきたい3つのこと

会社に何かしらの不満を持って会社を辞めてしまいたいと思った経験は誰にでもあると思います。しかし、転職先を探すのが大変だと思ったり、今自分が抜けて仕事に穴をあけてしまうのが申し訳ないと思ったり、引継ぎをするのが大変だと思ったりして、実際の行動に踏み切ることができないことがあるはずです。ただ、状況が改善する見込みがないと判断すれば、会社を辞めるべきです。その理由について3つあげたいと思います。①精神的に耐えられなくなったらやめるべき 人間関係が悪化したり、上司からのパワハラやいじめがあったりして、朝起きようとしても起きられなかったり、自宅を出る時に吐き気が止まらなくなったり、腹痛が起きたりして会社に行くことがしんどい状況がしばらく続いているのであれば、最悪うつ病になってしまいます。人間関係が原因で転職するのはうまくいかないとよく言いますが、自分を壊してしまっては意味がありません。また、残業時間が過労死をしてしまうぐらいの時間が毎月続いているのであれば、放っておくと不眠症や食事面での障害がでてきます。自分自身を守るためにも会社を辞めましょう。②転職がしにくくなるからやめるべき 不満があっても我慢をして何年も働き続けていると、いざ転職しようとしたときに年齢が原因で転職ができないという場合があります。仮に未経験の分野にチャレンジしたいと思った場合に、会社はできるだけ若い人材を求めます。若ければ、教えようによってはいくらでも伸びる可能性があると会社は判断するからです。転職をするリスクはもちろんありますが、それと同じくらい転職をしないリスクというものも存在します。やりたいことがはっきりしていて、早いうちにやってみたいと思うのであれば、会社を辞めましょう。③ハッピーになれないからやめるべき 生きていくうえで仕事をするということは人生の一部ではありますが、できることであればやりがいを持って楽しく仕事をしたいものです。しかし、辞めたいとずっと心に思いを抱えて仕事を続けたとしても、仕事は楽しくありませんし、パフォーマンスが低下してしまいます。低下すると会社にも貢献することができませんし、自分のキャリアアップにもつながりません。結果、負のスパイラルに陥ってしまいます。将来自分がどうしたいのかしっかり考えて、思い通りのハッピーな生活をすることができないと考えたのであれば、会社を辞めましょう。

仕事を辞めたいなら辞めるべき本当の理由

会社は簡単に変わらない会社の居心地が悪くでも我慢して働いていればそのうち環境が変わるだろう。そんな考えで辛い職場で働く人は少なくありません。しかし、そのような考えは甘いと言わざるを得ません。なぜならば会社というものはそう簡単に変わるものではないからです。現在の職場環境に不満がある場合、改善する方法は会社が変わるか自分自身が変わるかの二択です。現実的なことを考えれば会社がそう簡単にかわることはありません。巨大組織である会社がたった一人の社員のために変わることはまず考えられませんし、改善のために動きが見られるとしても成果が出るまでにはある程度の時間がかかってしまうのは明らかです。変わる保証もなく変わるとしてもいつ結果が出るかもわからない状況で働き続けるのは苦痛でしかありません。会社が変わるのに比べ自分自身が変わるのはとても簡単です。辞めたいなら辞めてしまえば信頼できない会社都の関わりを断ち切れますし、貴重な時間を無駄に過ごすことも無くなります。不満を抱えたまま働き続けたところで未来が切り開ける保障などどこにもありません。会社の変化を期待するくらいならさっさとやめてしまいましょう。転職は思っているほど難しくない職を失う恐怖から会社をやめられない人は多く見られます。確かに仕事をやめてしまえば収入源がたたれてしまうのですから生活への不安から退職をちゅうちょしてしまうのは当然です。特に家族をお持ちの方は一家を支える責任感からなかなか退職に踏み切れず辞めたい気持ちを抱えたまま我慢しながら働き続けているケースが目立ちます。それでも会社を辞めたいならやめるべきなのは、転職は思っているほど難しくないからです。転職のハードルが高かったのは過去の話です。人材の流動化が進む今では転職は珍しいものではなくなっています。今の会社でしっかり仕事ができているのであれば転職先は見つかるはずで、思いきって仕事をやめても路頭に迷うリスクは限りなく低いといえるでしょう。もちろん転職が成功するという保証はありません。収入が下がるかもしれませんし思うような待遇が得られない可能せも考えられます。それでもストレスを抱えたまま今の会社で働き続けるのに比べればずっとマシならばやめない理由はありません。人生は有限である人生は有限です。やりたくもない仕事や馴染めない職場のために時間を費やすのは貴重な人生のムダ使いにほかなりません。会社に対する多少の不満くらい皆持っている、などとしたり顔で説教してくる上司もいますが人と比べたところで全く意味はありません。新卒から定年まで働くと考えると元気に働ける時間は約40年しかありません。自らを成長させるにせよ高収入をめざすにせよ40年という限られた時間は決して長いとはいえません。ただ、介護職なら40歳からでも管理職を目指すことができますよ。派遣会社で働くことで無料で国家資格を取得できます。辞めたいと思ったらさっさと見切りをつけて限りある時間の中でもっと自分らしく働ける会社を探したほうが賢明です。