ご利用案内  

立春大吉豆腐

2月3日は節分。2月4日は立春です。

節分・立春には、豆腐を食べる風習があります。

「立春大吉豆腐」

古来より豆腐は「白い豆腐には邪気を追い祓うほどの霊力が宿る」と伝えられ、身を清める食べ物であると考えられていました。

2月3日(節分)に豆腐を食べると、罪穢れを祓われる。

2月4日(立春)に豆腐を食べると、清められた体に幸せを呼び込む。

と言われています。

お茶の水GAIA

お茶の水にある自然食品店「GAIA」さんに寄ってみました。

ビル街の一角にあるお店ですが、古くからこの場所で営業されています。

日配品は日替わりで数社の商品が入荷していて、それを目当てに買い物に来る方も多そうです。

三之助のお豆腐は火曜日と土曜日に納品しています!

2階と3階は飲食スペースになっているので、ランチやお茶に寄れますね。

お店の方もとっても気さくな感じで、居心地の良いお店でした。

http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/shop/contents3/shop_ochanomizu.aspx

伊勢丹新宿店 キッチンステージ

3月4日(水)〜3月24日(火)

伊勢丹新宿店キッチンステージでは、日本料理一凛さんのお料理がいただけます。

今回は福岡県糸島市の食材を使った、しみじみ美味しい和食メニュー。

メインは「鰆の粕漬け」か「太アスパラのお揚げ巻」のいずれかをチョイス。

この「太アスパラのお揚げ巻」には三之助の油揚げとかちかち豆腐を使用していただいています!

キッチンステージでお食事をすると、レシピ付のリーフレットをいただけます。

調理のポイントなども気軽に質問できるので、ぜひ新宿にお越しの際はお立ち寄りください。

伊勢丹新宿店 キッチンステージ

2015年2月4日〜16日(月)

伊勢丹新宿店キッチンステージでは、南麻布/分とく山 総料理長 野洋光氏による料理をお楽しみいただけます。

日本人が受け継ぐバランスの良い料理法「五味五色」の柱の一つである「黒」の上手な取り入れ方をご紹介します。

その中の1品に、弊社の「丹波黒豆豆腐」を使用していただいておりますので、ぜひご堪能下さい。

メニュー内容は、

先付:丹波黒豆豆腐鼈甲餡掛け、主菜:牛肉の味噌ロースト、副菜:蒸野菜黒ドレッシング、御飯:雑穀萬御飯、椀:鰆淡汁

各日10時30分〜20時(L・O19時)

2月11日(水)はセミナーが開催され、野氏のお話を間近で聞くことができます。セミナー当日の営業は12時15分からとなります。

この期間に合わせ、伊勢丹新宿店MINOSUKEでは 黒豆豆腐絹ごし(ミニ/190g)864円の販売をいたします。

丹波篠山産黒大豆を使用した豆腐は、黒豆の豊かなコクと甘みが口に広がります。

湯豆腐や、わさび醤油で召し上がるのがおすすめです。また、黒蜜ときなこをかけて甘味としてもお楽しみいただけるお豆腐です。

野氏が目の前で調理し、お料理のコツなどを教えて下さいます。素材をどう生かすか、知ってそうで知らない事が多く、参加された皆さんは興味深々でした。

分とく山

広尾にある日本料理のお店「分とく山」さんにて、弊社の丹波黒豆豆腐を使ったお料理をいただいて参りました。

wake.jpg

すっぽん鍋に丹波黒豆豆腐が入った究極の一品です。

一流のお店で、しかもすっぽんと合わせて調理していただけるなんて、大変光栄なことです。

贅沢な出汁と黒豆のコクが、柔らかな豆腐の食感と共に口中に広がる初体験のお味でした。

メニューは9品のおまかせコース。「和食」の五味、五感、五色、五法の素晴らしさを改めて感じ、季節感あふれる盛り付けにはおもてなしの心が伝わってきました。

丹波黒豆豆腐を使ったメニューはあと数日で終了してしまうそうですが、三之助の豆腐や揚げ物などは時々使っていただけるようですので、機会があればぜひご堪能下さいませ。

野総料理長様、料理人の皆様。どうもありがとうございました。

ゆり根がんもの季節到来!

三之助の冬の人気商品「ゆり根がんも」

こんなにゆり根が入っているがんもどきは他にはないはず!ゆり根の美味しさを存分に味わって下さい。

広大な北の大地北海道で丹精込めて栽培している「ゆり根」

その上品な甘さとホクホクした食感をがんもに包み込み、丁寧に菜種油で揚げています。

ゆり根の紹介は、「厳選素材を求めて」のコーナーをご覧ください。

http://www.minosuke.co.jp/07material/yamanishi_nouen.html

さて、皆さんは「ゆり根がんも」をどう調理されますか?やはり煮物がダントツでしょうか?加熱することで甘みが増してホクホクします。更に煮込めばトロリと柔らかくなり、これまた美味。最近のおすすめは「ホイル焼き」、野菜などと一緒にホイル焼きすることで適度に蒸されつつ、香ばしさも出るので食欲倍増です!おかずにも、お酒の肴にも合うのでぜひお試しくださいませ。

ゆり根は年を越すと更に糖度が上がり美味しくなっていきます。ぜひ、味の変化を感じながらお楽しみいただければと思います。

ふわふわまつり

11月8日(土)工場売店にて、ふわふわまつりを開催いたしました。

寄せ豆腐や揚げ物の実演&試食はお客様からも好評でした。

心配されていたお天気も、最後まで雨が降らず、無事に開催することができました。

沢山のお客様にお越しいただき、心より感謝申し上げます。

今回の売上の10%は災害義捐金として日本赤十字社へ寄付させていただきます。

縁の下の力持ち!根粒菌のお話

 今回は普段なかなか目にすることのない、土の中のお話です。

 大豆の根には根粒という瘤(こぶ)状のツブツブがたくさんつきます。この瘤の中には根粒菌という土壌微生物がいて、大気中の窒素から窒素化合物(アンモニア)を作ることができます。これを窒素固定といいます。

 根粒菌はマメ科植物の根につき共生しています。根粒菌は宿主のマメ科植物から光合成産物をもらい、マメ科植物は根粒菌が作った窒素化合物をもらいます。そのため、マメ科の作物は窒素肥料をあげなくても生育が良いのです。

 土の中で頑張る根粒菌たち。まさに縁の下の力持ち!ですね。

 これは、今年栽培中の大豆についた根粒菌。見事にびっしりついています!(産地:北海道 品種:早生緑 撮影:2014/10/8)

本庄市 はにぽん

ゆるきゃらグランプリの投票が始まりましたね!

三之助は、本庄市のはにぽんを応援しています。

本庄市から出土した埴輪がキャラクターになった「はにぽん」は8月28日(はにわの日)がお誕生日。

先日、はにぽんのおたんじょう会と、ゆるきゃらグランプリの出陣式がありました。皆に応援され、はにぽんも笑顔で応えてくれました。

がんばれ!はにぽん!

皆さんもぜひ「はにぽん」へ投票してくださいね!http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000093

三越伊勢丹食品銘店会大感謝祭 

【デュヌ・ラルテ×MINOSUKE】
三越伊勢丹食品銘店会大感謝祭 開催中!
2014年8月27日(水)〜9月2日(火)伊勢丹新宿店本館地下1階
食のイベントスペース「フードコレクション」では、コラボアイテム特集を行っています。
MINOSUKEはデュヌ・ラルテとのコラボを実現!
ココナッツオイルを使用したバンズに、三之助のたまねぎがんもをサンド。特製ベルガモットソースとクレソンとわさびを使った爽やかなジャガイモのピューレがアクセントになっています。
1日50個の限定販売です。


この他、
【I'S MEAT SELECTION ×MINOSUKE】まん丸油揚げの詰め餃子
【自由が丘あえん×MINOSUKE】三之助揚げとマッシュルームの含め煮
をコラボさせてただいております。
期間限定の美味しいコラボレーション。ぜひお立ち寄り下さいませ。